青年海外協力隊って何するの?活動内容について

青年海外協力隊にあこがれを抱いている若者は非常に多いです。しかし、その活動内容を把握しているでしょうか。

こちらでは、いったいどんなことを行うのかについて詳しくお話しします。 青年海外協力隊になると何ができるのか、といったことを知るのは非常に重要なことです。

何も目的なく、青年海外協力隊に入ったとしても意味がありません。自分の人生にプラスになると考えられる活動ができるのかが重要なのです。

ちなみに、アフリカでの井戸を掘る作業をイメージしている方が多くありませんか。確かに、そのような業務がないわけではありません。しかし、何も井戸掘りだけを行っているわけではありません。もう少し詳しく活動の実情を把握する必要があります。

■主な海外協力青年隊の活動とは?

・コミュニティの開発をサポートする

主に発展途上国をサポートする活動があります。発展途上国はアフリカだけではありません。世界各国にあるのです。

それらの地域のコミュニティの開発全体に関わります。その一つが前記したアフリカの井戸掘りとなります。

特に生活改善と産業育成のサポートがあります。井戸掘りに関しては、生活改善に属します。

ほかにも、教育の支援があります。教師やインストラクターといった方は、現地で実際に授業も実施するのです。

農業のスキルを持っているのであれば、それぞれの地域の農業育成を任せられます。知識がなければ畜産もできないので、それらを現地の方に教えるといった幅広い業務があります。

■青年海外協力隊の活動に関する主な目的とは

・開発途上国の経済や社会の発展を支える

発展途上国は様々な問題を抱えています。その成長を援助する目的を持っているのです。発展に直接かかわるといったこともありますが、基本的には寄与する側に回ります。

・国際的な親善や理解を高める目的がある

日本に関して、青年海外協力隊を派遣することで理解を深めてもらおうとする目的があります。国際的な関係を良好にするためにも実施されているのです。